高 知 県
 地図


高知を旅するのなら「道の駅弁」を買って、すぐに食べましょう

足摺岬 西日本の中で一番好きな足摺岬燈台です。何時に見ても最高です
夜は光度日本最大級の光が夜空を走り回り、朝日は美しく
断崖の上にそびえ立つ光景は絵になります。こちらは夕日なんで
すが幻想的でした。
ジョン万次郎さんもいらっしゃいました・・・
高知県の呼び名ですが、この様な無人販売所を「良心市」と言います。ほんとうにいたる所にあるし、お金を入れる容器も各自工夫
してあるし、長屋みたいにたくさん並んでいる所もありました

中村市 清流「四万十川」って長い川ですからね。これが四万十川なのねと
看板を見ないとわからないくらいでした

大正町 道の駅「四万十大正」ここの横を流れている川の方が四万十川って
感じがしました。イメージの問題だと思うのですが、、、
中村市から大正町に向かう途中、工事に出会い迂回したら
四万十川の源流水みたいな場所と美しい棚田を発見できました。
石垣が見事な棚田です。

窪川町 道の駅「あぐり窪川」窪川は養豚が盛んな場所で、ここの豚まんって
本当においしかったなぁ。

第三十七番札所「岩本寺」ここの天井絵は自由な発想を感じます
全部はお見せできませんが、って感じで・・

中土佐町 久礼駅と聞いてピンと来ましたが、「土佐の一本釣り」って、好きな
漫画でした。「お帰りなさい」って、、、、うれしい

須崎市 道の駅「かわうその里すざき」高知と言えば「かつおのたたき
ここでやってるやってる、とうれしくて眺めていました

高知市 桂浜」前で、高知名物アイスクリンを発見。坂本龍馬像も、なんで
もっと上から撮れないのと思うほど下駄履いていました。

はりまや橋にはがっくりしました。道の両側に欄干が建っているだけ
で、何か想像と違うなぁと感じました。日曜日来れば「日曜市」が
開かれ、雨の中でも楽しかったです。ひろめ市場は特に楽しかった
高知の産物を一堂に集めましたって感じで、お土産あり、食べるのも
よしって感じです。私なんか「くじら」で感動していたな
こんなのとか、こんなのは高知らしいと思います。

高知中央市場に行って来ました。野菜の出荷方法がおもしろいと
思ったし、鮮度もいいなぁと見ていました。変わったネギや根の長い
ほうれんそう、葉も落とし根も深く切られたカブ地方によって色々だ
なぁと感じます。

第三十番札所「善楽寺」、第三十一番札所「竹林寺」竹林寺の前の
売店では年中おでんが食べられるみたいです
第三十三番札所「雪渓寺

安芸市 野良時計って何?と思っていたら、村に時計があると便利だろうと
自宅の上に時計を設置した人がいました。今でも普通の家の上で
守り続けられているのです。懐かしいと思ったのは小学校の前に
今でも二宮金次郎の像があるのですね。以前は家の学校にも
あったと思うのですが・・学校が新しくなるとどんどんとなくなっている

道の駅「大山」から眺める海は、緑色かな

室戸市 道の駅「キラメッセ室戸」横には「鯨館」があり、捕鯨の歴史や
鯨関係の資料がたくさんありました。昔くじらを捕る人は「鯨組」と
言う組織で動いていたと思うのですが、団結しないと、とても捕鯨
なんかできるものではないと思います。

室戸海洋深層水って、一躍有名になりましたが、こんな感じ
取水しているそうです。長いストローで吸い上げているみたいでしょ

第二十四番札所「最御崎寺」、第二十五番札所「津照寺
朝が早いと、こんな光景もあります。なんか気持ちもいい・・
第二十六番札所「金剛頂寺」これぞ厄落としの階段って感じがします
手すりには何歳と書いてありました(もし、お金がいっぱいなら踏んで
登ってもいいらしいのですが・・)

室戸岬 室戸岬室戸岬灯台とは道が違っていました。岬だけ先端道路で
灯台は山の上に登らなくてはいけません。灯台の写真をよく見て
欲しいのですが、レンズが目の前に来ていると思います。
これは陸側が山になっているので、光がどこでも走るのでしょう
夜見たら眼が見えなくなるかもしれない・・

どこにでもあるのかな 夫婦岩

安田町 第二十七番札所「神峯寺」最後の上り坂で馬号ガリガリやりそうな
ほど急坂で苦労しました。

野市町 第二十八番札所「大日寺」奥の院は目に御利益がありそうで・・
穴の空いた石が多く納められていました

南国市 第二十九番札所「国分寺」、第三十二番札所「善師峰寺
歩けばこの様なマーク目にすると思いましたが、車のスピードでは
なかなか見られなかったと思います。
南国市マンホール

春野町 第三十四番札所「種間寺

土佐市 第三十五番札所「清滝寺」、第三十六番札所「青龍寺

土佐清水市 第三十八番札所「金剛福寺」本堂は格子があり、更にアクリル板で
風をふさいでいるお寺もありましたが、ここはオープン的な感じでした
土佐清水市マンホールです
宿毛市 宿毛から九州佐伯までフェリーがあったけど、夜中も走っているのか
到着時間を見ると勇気がいると思います

第三十九番札所「延光寺



名古屋の味


Copyright(C) K.Miyuki. All Rights Reserved