281 魚と肉

表示詐称事件以来わからないことが多くなってきました・・・
テレビの報道番組でスーパーの売場を放映していたときのことです
まぐろの短冊で表示が「まぐろお刺身用」と表示されていた物を「産地名とか解凍物か
どうか表示されていないじゃないですか」と言うと売場担当者は「インド洋を泳いで」
みたいな答えをされていたと思います
しかし、解凍物かどうかは店舗に搬入されてくる段階でわかっているので、この表示は
すぐに改善されるようなことを話されていました。

この後に、魚の場合はどこどこの海域で捕獲して、漁港に揚げた場所を産地表示とし
などの話をしていましたが、複雑かつ厳密みたいな感じにも聞こえましたが、そんなこと
はどうでもいいんじゃないのと適当に聞いていました(笑)

身近な例で「さんま」などの回遊魚などがありますが、さんまが生まれて餌をどんどんと
食べて大きくなります。それで寒さにあたって脂が乗ってみたいな話ですが
やはりこの時期・この海域で獲れたさんまは美味しいと原理でわかっているのです
初さんまが美味しいとか言いますが、それは「はしりの味」としてであって
本当に美味しいのは安くなった頃ではないかと思います

船の性能が上がって各漁港から船を出して捕獲に向かいます。そのまま船で戻ると
同じ海域で獲れた物なのに産地名はバラバラになったりもします
各漁港船籍の船で捕ることは捕るのですが、輸送にトラックなどを使う陸路にしたと
しても同じ様なことが起きるのでしょうか

こんな複雑な話があるのに、スーパーの担当者に「産地はどこですか」と聞いて
正確に答えられるわけがないと思っています
書けるとするならば、スーパーに搬入される時に「箱に書かれている情報としての産地」
を丸写しにして表示するのが精一杯だと思います。
表示をごまかすつもりもないのですが、この魚がどこで泳いでいたのかと聞かれたら
「海です」と答えとかないと責任はとれませんからね(笑)

原理原則を考えていけば、さんまなどでも何月から何月頃で、この海域を泳いでいた物
が最上の物であって、その時期は生でも販売されるが、それ以外は冷凍で流通するが
基本ではないかと思うのです。

魚釣りをしている人はわかっていると思いますが、あそこの海で釣った魚と、こっちの
海で釣った魚は違うと言います。それは餌となるプランクトンや小魚・小海老の量が
違うからとか、海の汚染度や海流が違うからねと言います。
だから、九州の関さば・関あじなどはべらぼうかと思うほど高額取引されるのです
さばのくせに5千円は異常ではないですかねぇ(笑)

今度は肉の話ですが、外国産の肉を国産の肉と表示すれば問題でしょう
かの有名な松坂牛などは兵庫県但馬生まれの子牛を松阪で生育するのが
正当らしいのです
では産地表示ですか??どこと書けばいいの
但馬生まれの牛を松阪の人が外国で飼育したら、外国産になって表示も・・・
わからないなぁ
松阪の人は牛にビールを飲ませたり、家族以上にかわいがったりしているから
飼育技術があるから、あれほどの高額商品を生み出しているのかと思います

松阪でウィークリーマンション借りて牛売ったら5千万にならないかなぁ
認定されようがされまいが住所は松阪市なんですよと私は言い張ります
これ産地表示の強みなんだなぁ(笑)

今回の話なんですが、一部の悪いことをする人のおかげで
法整備されるのはいいのですが
それがかえって混乱するようなややこしい物だとどうなのかと思います
食べる物に関心持つ持たないにしろ毎日何かを食べていることにはかわりません
食べている物でだまされたと思うと頭にきますが、美味しければ怒り半分
まずかったら倍増ってことにもなります
正当な商品でまずいときたらどうすればいいのでしょうσ(^_^)

表示の基準と言うより、同じ食べ物を食べる人間として、もっと人間らしい
評価とか基準などができないのでしょうかと感じます
私はあまり表示など気にしてはいませんねぇ
やはり買うポイントはよく売れている店で購入するとか、うんちくたらたら話まくる
店員さんのいる店で買うなどの方が重要かと思います。

今の旬は何ですかと聞いて、答えられない店員がいるような店では買わないことです
これって大切なことかと思うな
表示問題以前の話だと思うから







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved