279 減農薬「汗と涙」

食品関係の仕事をしてきましたし、自らの食べ物を作っている農家のお母さんお父さん
「商品」として作物を栽培している農家の方々と友達も多くなったと思います。
栽培現場と言うか農場や畑に出向いて、仕事の内容を見せていただいたり
本当にお手伝い程度ですが、少しさわらせてもらったりもしました。

農業ってビジネス的に考えてもシビアな職業だと思います
まぁなんの職業でもそうだと思いますが、やったことが結果として必ず現れると
熱く語られる農家の方が行われている作業は脱帽したくなるほどなんです。
よくこんなことがやれるなぁと感心することばかりです。
よく「隣の芝生は青い」みたいな話もあるかと思いますが、私は青いとは思いませんね
「このままお願いします。私には真似できませんから・・」と言いたくなります

誰でも、こちらが農薬使用で、こちらが減農薬ですが、あなたはどちらを購入しますか
と聞けば、減農薬を選択するに決まっています
中には「私は農薬を使った物は買わないようにしているの」って言う人にも巡り会い
ましたが、そんな人には心の中で「あなたは畑に行ったことがあるのか、作物って
どうやって育てられているのか知っているのか、収穫時期って知っているのか」と
質問責めでいじわるしたくなります。
なんか無性に腹が立ってきたりもしますね

農薬使用にこだわって減農薬している方の努力とか作業工程を知っているのか
その方の農産物がどのくらいの評価を受けているのかを知っているのか・・
本当言うと私でもわかってない部分もあるのです。でもでも
見ているだけで、これは大変なことをしているとはわかるのです。
作業現場にふれたおかげなんでしょうね

素人が余分なことを言ったり、思ったりすることよりも、作ってもらった作物は
大切に残さず、捨てず食べましょうが基本で、それから農薬のことや畑のこと
栽培のことなど少しずつでもふれられるのがいいと思います。

どうなんでしょう。。。作物を栽培されている人でも「減農薬で作ってもらった方が
いい」と言われるよりも、「美味しくいただきました」と言われる方がずっとうれしいと
思いますね。
減農薬などは栽培方法の一つであって、それは農家の方の汗であり仕事でもあるのです
そんな思いで作られた農産物を、いかに美味しく調理して食べてあげるかが私たちの
義務で、感謝を添えたいと思います。
無関心で食べてる人の気持ちがわからない
まずいと思ったら美味しくないと言えばいいし、美味しかったら美味しいと言う方が
いいと思いますが・・







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved