262 味噌カツ

名古屋の味を訪れる理由で、味噌カツを調べに来た、聞きに来たって感じが一番です
まず、名古屋人的な感覚を知って欲しいのですが、味噌カツが食べたいと思えば
近所の食堂、うどん屋さん、喫茶店などでも食べられます
このような場所で食べて、わざわざ名店・有名店とされるお店まで出かけても
食べたいと思うことは年に一回あるかないかだと思います
まぁ、友達が来て「味噌カツが食べたい」と言えば、招待するって感覚はありますが
特別な要望がなければ、近所のうどん屋さん(定食が食べられる)ですますでしょう

家でも味噌カツを食べるということは少ないと思います。
今では便利な「味噌だれ」がありますから、これが買ってあったりすると
豚カツだけではありませんが、コロッケにでもかけて「味噌カツ味」にすることは
よくあることだと思います。

よく話題になる味噌カツ専門店の「矢場とん」などは、豚カツ自体が見えなくなるほど
味噌だれをかけるというか、漬け込むような感じで全面味噌だれって感じですが
一般的にはカツの一部に味噌だれをかけるといった感じが多いと思います
ちょうどオムライスにケチャップがかかっている感じと言った方がわかりやすいので
しょうか。これが普通と思って下さい

味などは、色が黒いからと言って想像はできないと思います。
まず最初に「甘い」と思われる方の方が多いのかと思います
一応複雑な味に仕上げてありますから、調合する調味料や素材なども秘密と
言われますし色々なお店が研究し、差別化されていますから、みんな個性的な味に
仕上がっているのでしょう。
でも、業務用として「味噌だれ」も販売されている様ですから、これを使われるお店は
みんな同じ様な味になりますけどね

基本の部分で「豆味噌使用」ですから、大きな味の部分に違いはないと思います
あとの微妙な味付けは各店それぞれってことでしょう
だから、これなどは家庭でもある程度同じ様な味を再現できると思っていますし、
専用ソースとしも販売されています。
揚げ物に「豆味噌」って、油くどさを感じさせなくし、さっぱりと食べられますから
美味しい食べ方だと思います

ここ重要な話なんですが、北海道や東北でも味噌カツを食べられます
北海道には色々な県から多くの方が移住しましたから、我が尾張地方からも
多くの方が移り住みました。豆味噌文化もありますから、味噌カツも簡単に受け入れ
られるのでしょう

東北の話は笑っちゃいましたが、なぜか「味噌カツ弁当」や「串カツ味噌だれかけ」が
販売されていました。
おぉぉ豆味噌文化がここまで来たかと喜んだのですが、なぜか味噌売場には豆味噌が
ないのです。あっても一品程度??
「なぜ」って売場担当者に聞くと、冷凍ロースを仕入れたら「味噌だれ」が入って
いたので、かけてみましたって感じで話されるのです
それで、売れているのですかと聞けば、「それなりにはね」と言われました
「あぁぁ、、やはりこの程度の感覚なのね」って思いましたが、販売中止にならない
ところを見ると、それなりのファンもいるのかなぁと思いました

味噌はなじめないけど、この味噌カツは美味しいと言う人は多いのです
と言うことは「料理をしっかりしろ」と言いたくなります
豆味噌は素材であって、基礎調味料なんですと自信を持って言います。。。
名古屋人として







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved