259 赤味噌を買ってきて下さい2

上記の様にあいまいな感覚(あいまいさの中にもこだわりがあるので難しい)でも
名古屋人が間違えたと言って「八丁味噌」を買ってくることはないでしょう
それは最初の段階で「高そう」に感じるからです。それと、八丁味噌って料理人が
使う味噌なんでしょうと認識していたりするからです。

上記の「赤味噌を買ってきてください」を考慮に入れて、他府県で「赤味噌を
買ってきて下さい」と言うと、すごいことになるなぁと思います。
そもそも赤味噌とは何と知らない人が多いですから、お店の人に聞けば
「これです」と出される物に八丁味噌があるのです。
(確かに、、でもそれしか並んでいない)
こんなお店もありますが、赤だしと書かれた500gのカップ物です。
しかも異様に高い398円。。。
(これは名古屋価格を知っているから高いと感じるだけなんですけど・・)

名古屋には赤味噌の種類が多いとは、今まででも書いてきました
それが全部同じ味であるとは一度も書いたことはないのです
同じ様な味噌なんですが、みんな違いは必ずあるのです
ましてや普通に言われる赤だしと八丁味噌では根本的に違う物と考えているし
それを他府県では同じだと言われるとショックを受けるのです。

簡単に例をあげると、赤味噌がバニラエッセンスなら、八丁味噌はバニラビーンズ
使いこなせる人が使うと美味しくなる物って感じですか

まぁ、他府県で赤味噌を求めようとすること自体が間違いであって、これこそ
名古屋の味であると言い切れます。
しかし、不思議だなぁと思うのは、個人でやっている寿司屋さんなどでは
たまに「赤だし味噌汁」が出され、こんな所で飲めたなぁと感激する時かあります

名古屋の味をよくよんで読んでもらって、私が言っている赤味噌って何をさして
いるのかと理解してもらいたいなぁと思います。






Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved