258 赤味噌を買ってきて下さい1

名古屋では味噌を買ってくる様にとお願いする場合、「赤味噌」とか「赤だし」と
言う場合が多いかと思います。私のお母さんなら「赤だし買ってきて」とでも言うでしょう。
そしてスーパーなどに行けば、赤だしがたくさん並んでいますから、何を買っていけば
いいのかなぁと悩むくらいです。
この様な場合、「無添加」と書いてある赤だしなら気に入ってもらえるだろうと思い、
少し高いかなぁと思いつつも、まさか安い物を買っていくことはまずいだろうと思ったり
するわけです。
すると、「あれあれ、これはいくらしたの(今はPOSレジですから、商品に価格シールが
貼っていないので)」と聞かれ、「498円でした」と言えば、「こんな高い物買って
こなくてもいいのに・・」と言われちゃったりもします
凍りつく瞬間なんですね(笑)

で、今度は以前の反省からか、空袋を見せながら「このお味噌を買ってきて」
と言われるのです。
または、広告を見ていて、指定銘柄が安いと思うと、「今日はこれを買ってきて」と
言うのです。
例え家にまだあるとしても「味噌はよく使うからねぇ」と付け加えられます

つまり、「味噌が欲しい」と言っても、ちゃんとした指定銘柄があるし、高い値段で
買ってくることはだめなんです。そして、例えその味噌が家にあったとしても
以前の購入価格よりも安い価格で買ってくると誉められるのです
あっ、「もう一袋余分に買うことはできなかったのか」と言われることもあったな
極端な話、特売で1キロ100円を切るような価格なら、何の銘柄でもよく
その様な場合は「味噌漬けにでも使えるからねぇ」と言われます
実際は味噌漬けにしたことはないのですが、冬場は大量(味噌汁・鍋物等)に
使用するから、なんでもいいみたいなんです。

味噌の価格って、すごい不思議なんですが、味噌売場に並んでいる物は
定番価格と言って、これが通常価格だとも言われます。そして小さいカードで
月間奉仕品などと書かれると少し安くなります。
それで日替わり奉仕品とか、お一人様何点とくると通常価格よりも半額以下に
なり、すごい時は三分の1は切るでしょうね

近くには何店もスーパーがありますから、冬場などは毎日の様に、あちらの店
こちらの店でと安く手に入ってしまうのです。
こんなの見せつけられていたら、誰も定価なんて知らないだろうと思いますよ
そして、一番安く買った値段しか覚えていないですからね。

全部の名古屋人がこうだとは言いませんが、味噌の購入理由って、こんな感じの
人多いと思います。みんなご贔屓味噌もあると思いますが、価格で簡単に
ひっくり返ったりもするからややこしい・・・







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved