250 濃いなぁ

私の親戚はこんな人ばかりではありませんがと最初に断っておきますが・・・

コーヒーでも飲んでいきなさいの言葉で、ハイと返事をしましたが
インスタントコーヒーを大さじに軽く1杯入れて、お湯を注いでくれました。
砂糖もフレッシュもあるからねと一緒に出してくれたのですが、
私は何も入れず飲んでいる癖がついているので断りました。
おじさんは砂糖をティースプーン2杯は入れます。しかも、山の様に盛り上げてです。
「そんなに入れて体は大丈夫なの」と聞くと、
「コーヒーに砂糖を入れてはだめと言われたら、飲むのをやめる」と開き直りにもにた
発言をします(笑)

「うっ 濃いなぁ」飲んだ瞬間に感じたことです。
インスタントコーヒーのラベルをチェックしていると、250g入った瓶で約125杯は
取れると書いてあります。
1カップ140ccのお湯、ティースプーン1杯(約2g)
アイスにする場合は、水150ccとティースプーン2杯(約3〜4g)が
適量と書いてあります。

だいたい出されたコーヒーカップはマグカップみたいですから、
200cc以上は入っていると思います。それに普通のカレーを食べる様な
スプーンで入れるので、何グラム入れているのかはわかりませんが、
かなりの量だと思います。
「これって、ちょっと濃くないですか」と聞けば、砂糖でも多く入れればいいでしょうと
言われます。そんな問題でもないのになぁと思ったりもするのですが・・・

一度でもいいですから、メーカーが希望する分量とはどれくらいなのかを計量して、
感覚的に見てもらえたらと思います。
知らず知らずのうちに、どんどんと濃いコーヒーを飲むようになり、
飲みにくいからと言って、
砂糖やフレッシュをいっぱい入れていてはおかしくなると思うのですが、
どうなんでしょうと思います。

余談ですが、私が小さい頃紅茶を飲むときに、お母さんは「どんぶり」で作ってくれました。
ラーメンどんぶりみたいな器にティーバックを1つ入れ、お湯を入れます。
お湯に色が付いてきたと思えば、その中に氷をたくさん入れます。
これで「ジャパニーズティー」の出来上がりだと飲まされていました。
ジュースを買おうと思うより、1杯10円程度でできますから、
よく飲まされていたなぁと思います。
今、思えば、これは味が薄かったと思いますね。でも、
色がついていれば立派な紅茶だと思っていました。
どんぶりに入れればジャパニーズティーって、名前は変だなぁ
中華どんぶりならチャイニーズティーじゃないかと今頃の様に思います(笑)







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved