238 おまけ

少し、お仕事の事でも書きます(笑)
長崎産新ばれいしょの話ですが、10キロ入ったSサイズを仕入れた時の話です。
この様に小さいばれいしょは、そのまま甘辛く煮付けると美味しいと思いますし、
価格も大きいのに比べれば半額近くになると思います。

包丁では剥けない様なサイズですから、そのまま土だけ落として調理すればいいと
思いましたし、大きさも倍くらいのが混じっていれば半分に切る程度だと思っていました。
しかし、今回は不思議な事に1袋分以上、
数にすると5〜10個程度Lサイズくらいのが入っていました。
それもみごとに1箱1箱全部におまけの様に入っています。
いったいどうやって選果しているのかと思いましたし、
これはわざとやらないとできないことではないかとも思いました。

1箱10キロ入りを700グラムずつ袋に入れて、全部で14袋できればいいのですが、
今回はこの「おまけ」みたいな物をどの様にするかと悩んでいると、
大きいのだけ別で袋に入れ、後を全部700グラムずつで詰めていきました。
小さい方と言うかSサイズを1袋100円で売って、大きいのだけ選りだしたのを
1袋150円で売りました。
大きいサイズは別で仕入れていますが、こちらの商品は1袋198円で
販売していますから150円なら妥当な金額かと思っていました。
これでPOP(ポップ:商品情報や品名・価格の書いてある紙です)には、
土だけ落として甘辛く煮ると美味しいですと書いて販売していました。

他の店に行くと、丁寧にも袋の一番よく見える場所に1個だけ大きいのを入れて
袋詰めしていました。
今回はたまたまの事でしたが、仕入れをしている者はSサイズと書いてありますから
小さい物ばかりが入っていたと思っていましたが、大きいのも混じっていたために、
お店では対応がバラバラになってしまいました。

使う立場、調理する立場からすると、料理方法はある程度限定されると思うのですが、
この様な商品も必要だと考えています。
700グラムが少ないのか多いのかは別の話だとしても、
1回で煮てもらって何回も温め直しながら食べると味もよくしみ込むと思っていました。
煮え方から考えても大きさは揃っていた方がいいと思うし、
どのサイズをどの様に調理すると便利なのかと考え、
袋に詰めたりして商品にすることはお店の仕事だと思います。

私が思うことは、ばれいしょを商品として考えるのであれば、
おまけ的感覚で1袋に大きいのを1個ずつ入れてもいいと思いますが、
食べ方を提案するのであれば、別々にわけて販売した方がいいと考えています。
もちろん生産者の方がおまけで入れてくれたと思う物であれば、
別個にして利益が余分に稼げるのであればいいことだとも思っていますから、
ありがたく頂戴いたします。

結果的にはみんな売れてしまいましたから、問題はなかったことですが、
買う立場として考えるとどうだったのでしょうかと考えさせられました。
物を作り出すときに陥るポイントかとも思います。
お客様には店舗が違う話ですから全然わからない話ですね。







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved