225 セーフガード

*初めて聞いたときには「政府ガード」と聞こえたのは自分だけなんだろうか(笑)
ねぎ・しいたけ・いぐさを中国から輸入することが制限されました。
難しい話はここでしたくても出来ませんし、新聞やテレビでも報道されていると思います。

私の感じるままに書きますが、生しいたけは市民権を得ていると以前にも書きました。
並んでいないお店の方が少ないと思います。物の割に価格が安いことや傘がしまって、
大きい国産は今までが高かったから、対比としても相当に安いとイメージしていました。
しかし、ここのところ安い輸入量が限度枠に達してきたのか、入船が遅れている様です。
物があったとしても品質的に悪い物が多いと聞いています。
例えあったとしても上質の物は相当に高くなっていると言われています。
不確かな言葉しか使えないのは、物を見てみないとわからないと言う状況が
続いているからです。

日本の農業を守るためだと聞いてはいますが、政府の見解では「値上げ」ではないと
言っています。でも、現実的には価格も上がっています。
今までずっと中国産を販売してきたお店が、いきなり国産に切り替えるのですから、
商品が間に合わない状況もでてきたからでしょう。

もっと、以前の話ですが、ここまで中国産のしいたけが出回る前は品質的に悪く、
ただ安いだけとの印象がありました。
もっとも中国産と言うだけで売れない時代もありましたから。
今の中国産しいたけは、日本から技術者としいたけ菌を中国に持ち込み、
品質改良に取り組んできたおかげでここまできたと思います。
日本で栽培される同じ菌(種みたいなものです)を使い、
日本の栽培指導者が同じ気候の場所で栽培すれば、
いつかは同じものができるのは当たり前のことです。
この段階まで、指導者の元にとは言え、栽培農家も一生懸命やったことだと思います。
それこそ空想の世界ですが、日本のしいたけ菌って結構、
現地価格からすれば高額だと思います。
でも、日本が気に入るように栽培していれば買ってくれる保証の上に
成り立っていたと思います。それがここにきて、こんな形で止められてしまっては、
今までの整備投資でしょうか?買った物や準備したものはどうするのでしょう。

生しいたけは対象商品になっていますが、乾燥しいたけは、まだなっていません。
つまり生として行き場を失ったしいたけは、乾燥となってやってくるのかもしれません。
今度は乾しいたけが安くなるのかなぁは日本の考えで、現地の人にしてみれば、
何を言っている日本人。もう作ってあげないと言うだろうなぁ








Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved