211 全日本マカロニ協会

えっ、こんなのがあるのですか?と聞いては失礼な話なんでしょうねぇ。
しかし、協会などはありとあらゆるものにあると思いますが、
「マカロニ」も応援したくなりましたね。(笑)
*最初にマカロニ協会があるくらいですから、スパゲティ協会もあるのかと調べてみると
スパゲティはマカロニ協会に属し、かなり古くからある団体みたいです*

日本におけるパスタ類の中で、スパゲティとマカロニを食べる比率が8対2です。
これがイタリアになると逆転してマカロニ8に対して、スパゲティは2の割合になります。
なぜ、この様になるのかと協会の人は分析しているのですが、
まだまだ協会としてのアピールが足りないと言っていました。
しかし、本当に宣伝だけの問題なのでしようかも思いますが、
マカロニと聞いて何を思い出すのでしょうと考えてみても「サラダ」が
一番多い答えみたいです。
マカロニをゆでてマヨネーズと和えるサラダは、そもそも米国から入ってきた様です。
その印象が深いのか、私たちの使い方を見ていても、
サラダや少しポピュラーになってきたグラタン等ぐらいでしょうか?
グラタンでも外食からの影響が強く、家で食べられるようになったのも、
某メーカーがグラタンの素を作ってから飛躍的に伸びたことだと思います。
やっぱり、それまではサラダオンリーって言うくらいですね。

で、イタリア人にマカロニサラダを食べさせると、こんなのは食べた事がないと
言われます。
それほど日本的な食べ物かと思います。
マカロニがイタリア経由で日本に紹介されたのであれば、
もっとマカロニ料理方法が豊富だったと思うし、
サラダと言う食べ方もあるよねくらいになっていたことでしょう。
食材だけイタリアから多くを輸入されますが、
食べ方を米国に習うからこんな風になってしまったのかは定かではありませんが、
もっと、もっと、食べ方を変えてもらってもいいのかなぁと思います。

余談ですが、以前アルファベットマカロニや色々と形どったマカロニが
売れるときがありました。
なぜ、こんなにも売れるのでしょうと思っていましたが、ちゃんと理由がありました。
食べる目的ではなく、アクセサリーや工作にするのです。
アルファベットマカロニを自分の名前に並べて、板に接着剤で貼ったりします。
シェル(貝)マカロニに彩色をほどこし、ブローチやイヤリングにしている人も
いらっしゃった様です。
こんなので消費が伸びていくのも変な話ですが、
みんなが買うとすごく売れたなぁと感じるのも変な話です(笑)。

毎週日曜日が「パスタの日」ですと、全日本マカロニ協会が制定。







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved