207 空想列車の旅2.情緒がなくなるなぁ

近所でたまに「駅弁大会」みたいなものがあると、いそいそと出かけて買ったりしますが、
思っていたよりも美味しくないなぁと感じます。
同じ物を食べていると思うのですが、どうも列車の中や駅の売店で買った物は
美味しく感じられます。
気のせいかもしれませんが、自分の思いや旅に来たなぁとの気持ちもエッセンスとして
美味しさを醸し出していると思います。
遊びに行って、駅弁を選ぶときには「名物」とかの文字や使っている素材が
地元産と書かれていると、ついつい手が伸びてしまいます。
はずれもあるのですが、これは美味しいなぁと思ったときに旅の思い出としても
満足がいくものになります。
そうそう、あそこに遊びに行ったのはよかったなぁ、
で、あそこで買った駅弁はうまかったなぁと、旅とセットで物語ができそうになります。
やっぱり駅弁は自分の物語があって、駅弁が話のネタとして広げてくれる物です。
これを今晩の食卓に乗せて、美味しい、美味しくないもなかろうと思うのですがね。
しかし、プラスチックかビニールでできた急須+蓋付きに熱いお茶が入っていると、
なんだか溶けた様な味がして、まずいなぁと思うのですが、
旅先で飲むと、この安っぽさがまた癖になるなぁと思うのは私だけでしょうか?
缶に入ったお茶買うより、こっちの方が多いなぁ 俺。







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved