198 櫃(ひつ)まぶし

生まれ育った環境なんでしょうとも思います。
やはり郷土料理めいた物は日本全国にあり、
自分が生まれ育った環境や食べ続けてきた思いみたいなものがあると思いますから・・・・
先日、久しぶりに櫃(ひつ)まぶしを食べてきました。
そのお店には櫃まぶしの食べ方みたいな説明書きも添えられていましたが、
1杯目はそのまま食べて、2杯目は薬味を混ぜ、3杯目はおだしをかけて食べます。
この事は1つのメニューで3通りの食べ方があります。
この様に味を楽しめますとの事だと思います。
他方からのお客様と一緒に食べに行けば、
この様に説明しながら食べていると思いました。
食べながら、何が美味しいと感じる要素なのかと話し合っていました。
ある人はやっぱり「たれ」じゃないのかと言うし、「だし汁」をかける所ではないかと
言う人もいました。

以前、うなぎの蒲焼きで関東と関西は違う様な事を書きましたが、
櫃まぶしでも私はこのカリカリこおばしい焼き方がポイントなんだと思います。
だし汁をかけてしまえば、あまりわからなくなりそうな事ですが、
そのままよそって食べているとどんなに小さく切られていてもカリカリ感は味わえると思います。
関東風の焼き方がどうだとは思いませんが、蒸しを入れることによっての
ふにゃふにゃ感はどうも好きになれません。
*ふにゃふにゃは言い方悪いと思うが、
好きでない私にとって表現のしようがありません*
料理ができあがってくる間に食べ方の説明を読んでいましたが、
出てきたら1杯目からわさびを少し乗せて食べ、
2杯には薬味(あさつき・海苔・わさび)を全部乗せて、
だし汁をかけズルズルと音を立てながら食べていました。
やはり何事にもとらわれず自分の好きなように食べることが一番美味しいです。
もちろん未体験の人にはちゃんと説明もしますよ。
でも教えられ食べるのは1回でいいですね。後はお好きな様にが美味しいですから・・

なんでも取って食べてみようと言うことになり、
うざく(うなぎ蒲焼きときゅうりの酢の物)と肝焼き(うなぎの肝を蒲焼きにした)・
うまき(うなぎ蒲焼きを芯にした卵巻き)も取りましたが、
この中で肝焼きは本当においしいです。
時折、スーパー等で1本100円の肝焼きを買いますが、
それとは全然別物の味がしますね。
スーパーで販売している物がまずいとは思いませんが、
あれはあれで安くてうまいって感じでしょうか。
でも、うなぎ屋さんで食べる肝焼きは絶品だと思います。
1尾に1個しか内臓はありませんから、人気店の肝焼き等は数量限定なんですね。
食べに行く機会があったら、おすすめします。肝焼き







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved