134 油を捨てません

環境問題でもクローズアップされる油問題です。コップ1杯の油を河川に流すと
環境に影響がでなくなるまで薄めるにはどれくらいの水が必要かと言う問いに、
風呂おけで16杯分は必要であろうと聞きました。
数字的には定かでありませんが、たったコップ1杯の油でこんなにもいるのかと
驚いた事もありました。

まあ、水と油と言うくらいですから、問題も多いのでしょう
少し前に固めて捨てるような薬剤がよく売れていましたが、
今まで処置に困っていたのでしょう。
固めると可燃物で処理できるのが魅力なんでしょうね。

今の調理方法で、焼く・炒める・揚げるは得意な料理方法なのだと思います。
後は電子レンジを利用する調理方法でしょうか?
一般的に煮物と言うと、カレーやシチューも煮ていますが、
こちらは鍋物か煮込み系に分類され、野菜や魚介類を煮た和風料理を
さすことが多いです。
で、煮物も少なく、次に和え物、蒸しものと調理器具を持っているかどうかにも
よりますが、少なくなっていることも事実ですね。
蒸し器に蒸籠(せいろ)がない家もあると聞いています。

一般の家庭では油を使用する調理頻度が多くなっている傾向があると思うのですが、
それ以上に揚げ物をする家庭が多いのかと思います。
豚カツなどのフライ物でも、カツレットのように少ない油で調理する事もありますし、
天ぷら等でも少し小振りな鍋でやるようにしています。
ステンレス製のオイルポットに熱いうちに収納しますが、普段炒め物に使用して、
これがなくなったときに揚げ物等をするようにしています。
だから炒め物を新品の油で調理したことはここのところないですね。
オイルポットも買うときは結構高いのだと思いましたが、
調理の流れを考えると価値のある物だと思います。
私は油をどの様にして捨てようかと考えたことはありません。









Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved