125 芋煮会

里芋が出回り、寒くなってくると思い出すのが山形名物「芋煮会」です。
私は東京より北に行ったことがありまんが、
以前「ダンチュウ」なる月刊誌を定期購読していました。
ここに数ページでしたが、芋煮会の記事が載っていて、
あまりにも美味しそうに家でやったことがあるからです。

簡単に説明すると、牛肉を油で炒めて、酒・醤油・水で沸かし里芋・こんにゃくを煮るのです。
山形の川原では水道施設も準備されていて、週末になると多くの人でにぎわうそうです。
さすが、ダンチュウっていう感じなのでしょう。
地元の素材を使用し、地元のスタッフを交えて、山形流に調理していました。
やはり各家庭では微妙に味付け方法が違うようでしたが、
家々にこだわりの味付けがあるようです。
「家はこんな感じたねぇ」「お宅のとは、ちょっと違うよ」との声が聞こえそうな感じです。
郷土料理としても有名ですから、詳しく知りたい人は検索でもかけられるといいですよ。
夏休みなどは家族やグループで、キャンプをしたりする機会が多いと思います。
定番の様に焼き肉なのでしょうか、学校行事ですとカレーが多いですね。
秋には「芋煮会」もいいと思い紹介しました。

子どもが大きくなったときに、小さい頃の思い出はという問いに、
家族で出かけた場所や体験したことなどを話す子どもが多いのだそうです。
別に子どものために思い出を作って上げたいとは思いませんが、
よく考えてみると仕事が忙しいのか、みんなが忙しいのか、
どんどんと友達も減ってしまっています。
学生時代には何もなかったですが、みんなで集まって結構遊んだりしたものです。
結婚して一人減り、二人減りと、どんどんと頭数は減っています。
もちろん、今のお付き合いもありますし、
これからもお付き合いしてくださる人も現れると思います。
ただ、何もせずに今の生活スタイルを続けていれば、
なくなることは間違いないですね。
家族ぐるみのお付き合いが、増えるでしょうと言われる家庭は本当に少ないと思います。
段々と友達と接する時間がなくなっているので、
春は花見、夏はキャンプ、秋は芋煮会と多くの参加できるチャンスを作ると、
楽しいのかと思います。
自分たちだけで遊ぼうとすると抵抗がありますが、
子供と一緒にみんなで遊びましょうよと言えば、結構乗ってくれる家族も多いと思います。
*自分がその様な年代だからですけど*
子どもを多く集めて、料理講習会もどきに教えたりもしますが、
結構お父さんやお母さんが真剣そうに聞いているのも笑えますよ。
みんなで楽しくって基本だと思います。やった人にしかこの楽しさはわかりませんけど
(*^▽^*)ゞ








Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved