63 おいしい話は地元の人に聞く

ジンギスカンって知っていますか?
北海道では野外料理といえば、ジンギスカンなのだそうです。
名古屋では、やっぱり焼き肉でしょうか。
調理器具を持ち出して色々とやっているのは見たことがありますが、
ジンギスカンをしているのを見たことがありません。

ジンギスカンで思い出されるのは、冷凍羊肉を薄くスライスしてあり、
凍った状態で出てきます。
それを野菜と一緒にドーム形をした鍋に貼り付ける様に焼くと、
肉汁がちょうど坂道を伝いながら流れ落ちます。
多少臭いが気になるので、その様な特殊な鍋を使用しているのだと聞きました。

北海道では羊肉が生で手に入り、包丁で多少厚めに切る方が
おいしいのだそうです。
私が北海道に遊びに行き、ジンギスカンを食べたら、きっとこう言います
「羊肉って、こんな風なのですか?私の見ている物と全然違います」

風土に根付いた料理は味を守り続けたり、進化を続けますが
おいしくなっていくことは間違いありません。
販売している人にも教えられたりしますが、味の違いがわかる地元の方に
話を聞くだけでもおいしいものにありつける気がしました。

漫画の「おいしんぼ」でも、只今大阪偏を掲載しています。
地元の方に案内されながらの大阪の味も再認識しているところです。
たこやきしか知らなかった私が恥ずかしいです。
私でも「赤みそ」を語らせたら永遠にでも話しています。
それくらい微妙な味の違いがわかるつもりです。

名古屋の場合、羊肉等を販売している店は近所にはありません。









Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved