36 とろろで仲良く

すり鉢・すりこぎが家にはあるでしょうか?
今はない家庭も増えてきたと聞きますが、とても楽しい話です。
休日とか時間のある日に、山芋をおろしがねですって、
すり鉢でごりごりと芋がなめらかになるまですります。
お父さんがすりこぎで回す役です。子供や奥さんがすり鉢を
おさえています。
30分から1時間はすり続けます。「とろろ」をおいしく食べようと
思ったら、とにかく体力の勝負です。

暑い時ですと、お父さんは汗をかきながらぐるぐると回します。
子供達は負けないように一生懸命おさえています。
料理をつくっていると言うよりも、親子のコミニュケーションを
はかる料理だと思います。

おいしい料理を食べようと思えば、体力も使うし、お腹がすけば、
よりいっそうおいしく感じられるのはあたりまえのことです。
最近親子の会話が減ってきたな〜とか、
夫婦仲がと思われたときにも有効な料理方法だと思います。

お吸い物より多少味の濃いだし汁を少しづつ、
溶きのばせる様になれば、仕上がりは間近です。

ご飯はやっぱり「麦入り」でいただきます。
ただし、気をつけなくてはいけないのは、さらさらと口当たりが
いいので、食べ過ぎないようにしてください。
あとで、お腹がとてもふくれる料理です。








Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved