25 皮むきへたなら厚くむけば

我が家では大根・にんじん等は皮を思い切り厚くむきます。
はじめてご覧になる方は驚きますが「皮」を有効利用しているから
平気です。

皮を細く切って、ごま油で炒めて、醤油・お酒で味を調整して
「きんぴら」に仕上げてしまいます。
旦那はめんつゆをかけて炒めるだけです。

じゃがいも・れんこん・ごぼう等はたわしで水洗いするだけです。
土のついていた野菜は「土」をよく落とせばいいだけです。
煮物系は少し気になるので、じゃがいもにれんこんは厚めにむいて、
またまた細切りで今度は素揚げです。仕上げに塩をふれば
「おやつ」になります。

油を最初に使用して炒める料理等では、ここに上げた野菜は
皮付きのまま利用する事もあります。
じゃがいもの芽が気になる方も見えますが、くぼみの部分に
「芽」を発見したら、取り除く程度です。

1人で何sも食べるわけではないのでこれくらいの処置で
かまいません。
この様な料理方法をしていますと本当に「生ゴミ」は少なくなりますよ。

生ゴミは表現方法が正しくありません。食材として先ほどまで
形があった物ですから、調理してあげれば「食べ物」です。
一度おためし下さい。

*じゃがいもは放置しておくと芽が出ることがあります。その時期は
結構神経を使いますが、出ない時期なら取らない事もあります。
(ほじくらないということ)

*さといもの皮は食べられません。
可食部分が多くなるのは「きぬかつぎ」です。










Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved