21 おいしかったのが「有機栽培」

私は「有機栽培」や「無農薬栽培」「〜農法」に興味はありますが、
全面に出すものではないと思います。
商品表示等でよく問題になりますが、「有機・無農薬」と
書いてあるのに偽りがある商品があると聞きますが。

なぜこの様な問題が起こるのでしょう。「有機・無農薬」と
書いてあると高く売れたり、商品のランクがあがるみたいです。
本当に消費者は「書いてあるから何かいいものではないかと
信じて買っている」と言います。

私は作物を食べると「これは農薬が使ってある」なんてわかりません。
逆にわかるように生産者は使用しないでしょう。

ただ有機質肥料を施した栽培品は、普通栽培品に比べて
味の点では上だと思います。
比較の問題ですが、同じ時期に同じ地域で作られた物を
比べると味が違うと思います。

しかし天候や栽培地の問題も多く、いくら努力しても味が
のらない時もあれば、何もしなくてもおいしくなる時もあります。
有機で作られたら必ずおいしくなるという保証はありません。
でもおいしくできる可能性は高いと思います。
やはり目に見えないところで「土つくり」等をおこなっている農家の方
はいい物をつくられます。

食べておいしければ、それだけで満足です。
そうするためには色々な努力もあるのでしょう。

私たちが「お金」を払うのは、「おいしかった」という満足感に
お金を払うのであって、決して「有機」や「無農薬栽培品」の表示に
払っているわけではありません。
栽培してくださった方が「おいしいよ」と言われれば
それだけでいいような気がしますが、いかがでしょうか












Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved