12 ありゃ〜 捨てちゃうの

大根などは輸送経費等も考えて、葉も短くなり店頭に届きますが、
玉かぶは葉を付けられたまま大きな箱で入荷します。

箱を開けると、色白のたまかぶに青々とした葉が
美しく納められています。
店頭にも細心の注意をはらい、茎が折れないように気を付けて
陳列しますが、
中には食べないからと葉を捨てて行かれる方もみえます。
そのようなお客様が段々とふえてきました。
多少のくせはありますが、たまかぶの葉らしい味がします。

これも旬の味だと思い、味わってもらってはいけないのでしょうか?
生産者やお店の人が大切に扱ってきた葉なので、
本当は食べてもらいたいのです。
栄養価も高く、食物繊維も多く含んでいる葉を捨てずに、
どうやったらおいしく食べられるのかと色々な調理方法を試して下さい。
家族がみんな「たまかぶの葉」は嫌いといっているのでしょうか?
私はそうは思いません。
家庭まで長い道のりをやってきた「葉」です。
生産者も可食部分だけを消費地に送るために、経費をかけて
送ってきました。
ここまで選ばれた商品がごみ箱に入っているとかわいそうな気がします。

「食べたらおいしいのに・・」と思いつつ宣伝方法が悪かったのかと反省しきりです。

そんな思いをしないように、簡単な食べ方を紹介します。
たまかぶの葉はきれいに洗って、みじん切りにします。
ごま油を使って炒めますが、調味料に醤油・かつおパックで
味付けをします。あとはお好みの味をたして下さい。
ごま油の風味が青臭さを消し、時間も5分とかからない1品料理です。







Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved