うなぎの価格


 うなぎ屋さんに入ってメニュー表を見ます。
 専門店であれば、そんなにたくさんのメニューはありません
 「うなどん」「うなどん上」「うなどん特上」って感じで、丼に3ランクくらいあったり
 長焼きにも2ランクか3ランクくらいあったりします。
 後はサイドメニューで肝焼きや、うなぎの卵巻の「うまき」やうなぎときゅうりの
 酢の物「うざく」ぐらいです
 ビールや日本酒などは別ですけど…

 名古屋と言うより愛知県はうなぎ専門店が他府県に比べて多く、あちらこちらに
 名店もあります。

 色々と食べて総額はって話は別ですが、一人2千円くらい持っていけば
 どんな店でも食べられます。

 そして、この「並」とか「上」「特上」などのランクの違いですが、並は丼の上から
 見ると御飯が見えていたり、特上になると丼からはみだしていたりします。
 上に乗るうなぎの面積でランクを付ける店と、並は上にだけうなぎ乗り
 特上になると御飯の間にも入っていて、2段重ね状態になっていたりします。
 この部分は店によって違うと思います。

 もちろんうなぎには大きさもありますから、並には小さい物を使用し、特上には
 大きい物を使用していたりします。

 ここで考えなくてはならないことがありますが、うなぎ自体が小さい物と大きい物を
 比べると大きい物の方が外はカリッとして中はやわらかって事になる率が高い
 です。ただ、脂が乗りすぎてくどいって話にもなりかねないのですが…
 そして、小さい物はカリッとはしますけど、それだけかぁと思う物に巡り会う事も
 あります。

 まぁ、3ランクあるとしたら無難な真ん中を注文する方がいいのかなと思います。
 価格で言っても2割か3割くらい上がるだけの話かと思います

 複数人でうなぎを食べに行く場合は、楽しく食べられますが、
 「あなたは並ね、私は特上を食べます。しかし料金は割り勘ね」って食べれば
 いいと思います。
 そして内容を見ながら少し交換してあげればいいでしょう(笑)
 これなら高い物を食べても2千円でお釣り来るなぁ  (*^▽^*)ゞ








Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved