白醤油料理

 大きくなる 七福特選料亭白だし
香りがいいので、醤油を使うようにありとあらゆる料理方法があります。
白醤油と白だしならではの料理とは・・・
ここでは「白だし」中心に料理レシピをあげていきます。

分量は各メーカー塩分濃度やだしの濃さが違いますから、
味を調えながら使用してください。

季節野菜の煮物
素材の色を生かした料理なので、ゆっくりと煮含めるように仕上げます。
材料は季節の野菜を中心に下ごしらえします。鍋に白だしを水で薄め、かたい物から順番に煮含めていきます。彩りを生かす料理ですから火の通し方に注意を払い、火を止めて、しばらく味をおちつかせます。あとは、器に配色を考えながら盛りつければできあがりです。

だし巻きたまご
白だしを薄めて、たまごと一緒にときほぐします。お好みで砂糖等も加えます。たまご焼き鍋に油を薄く敷き、たまごを数回流し入れて焼き上げます。
時間がない時は、そぼろたまごでもおいしく召し上がれます。

茶碗蒸し
具はお好みの材料で結構です。おすすめは鶏肉・かまぼこ・ぎんなん・干し椎茸・えび・みつば等です。材料を下ごしらえし、白だしを水で薄め、たまごと混ぜ合わせます。具材とたまご汁を器に入れ、蒸し上げます。
みつば等は仕上がりに入れて余熱で蒸し上げます。

浅漬け
残り物野菜や半端になってしまった野菜を適当な大きさに揃えて切ります。白だしと野菜類をビニール袋に入れて、軽くもんで少しおいておきます。器に盛りつけ、仕上げにごまをふるとおいしさは倍増します。

お吸い物
お吸い物の具材は季節の食材や香りの野菜等、彩りを考えながら選びます。白だしを水で薄めながら、鍋で火にかけ材料を一煮え立ちさせます。仕上げにみつば等あしらいものを添えればできあがりです。

お雑炊
白だしを水で薄め鍋で煮立たせます。さっと水洗いしたご飯とお好きな具材を一緒に入れて煮込みます。仕上げにたまごを溶き入れ、みつばを散らすとおいしくいただけます。

天ぷらうどん
うどんは茹で上げて器に盛ります。白だしに水・みりんを入れて火にかけます。一煮立ちしたら器のうどんにかけて、天ぷらと薬味のねぎ・かまぼこ等をあしらいます。

おでん
白だしを水でのばし、お好みの材料を煮込みます。食べるときに「味みそ」をかけて食べると名古屋的です。

かけるだけでいいのよ
納豆のたれ・大根おろし・冷や奴等は白だしをそのままかけるだけです。お醤油かわりに使用します。




Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved