永谷園「ひるげ」


 名古屋の市場を「永谷園」は評価してくれるのに、地方は外します

 永谷園のページで確認しましたから間違いはありません(*^▽^*)ゞ
 フリーズドライ味噌汁「あさげ」は1974年2月発売です
 誰にでも受け入れられるよう「合わせ味噌」を使用した即席味噌汁を販売
 しました。
 続いて、「ゆうげ」が1975年6月に発売され、これが白味噌
 次に「ひるげ」が1976年2月発売の赤だしタイプです

 私は永谷園の関係者ではありませんが、市場規模からすれば妥当な販売戦略
 だと思います
 味噌汁のインスタントを販売しようと思い、誰にでも合う様に合わせ味噌を使用し
 それこそ、合わせがあるのなら白味噌も作って下さいよって感じで1年遅れ
 白味噌タイプを販売します
 そして、最後の赤だしタイプを発売すれば全国制覇かって感じでしょう・・

 名古屋人からすれば、ようやく赤だしを作ってくれたのねって当時は思っていた
 のかもしれません

 そして、今度は生タイプの即席味噌汁を販売します
 今度は1985年10月3つの味同時発売です
 フリーズドライタイプのひるげが売れていなかったら生タイプの発売は
 なかったのかもしれませんね

 こんな書き方するのも変ですけど、赤だし飲むのって本当に愛知県の近隣県
 ぐらいまでしかないと自覚しています
 この事実があって、全国発売されているのはすごいと思っているのです
 永谷園さんには感謝しなくてはと・・本当に思っています

 と、ここまで永谷園さんをよいしょして(笑)
 地方の実体が寒すぎます(-""-;)
 名古屋から一番遠い北海道・東北や九州などでは、「ひるげ」を販売すら
 しないお店が多いのです
 (まぁ、売れない物を並べてくれとは思いませんが)
 1店も並んでいないって言う状況もどうかなぁって思います

 名古屋では地元ですから、あさげ・ひるげ・ゆうげと3種類並んでいるし
 一番たくさん並んでいるのが赤だしタイプの「ひるげ」なんです

 お買い物の旅で店員さんに「ひるげ」ないですか?と聞けば
 商品知識のない人なんでしょうね。「そんなのがあるんですか?」と
 逆に聞かれる始末
 終いには「そんなの、みんな飲みませんからねぇ」
 「そんなの」って言われるんですか・・・・

 名古屋の味を広めたい私としては、一度でいいから全国のみなさんに
 永谷園のひるげを買って欲しいと思います
 でも、このページを見てもらったり、お店に並ばなかったら
 「ひるげ」の存在を知らない人も多いのかなぁって思いました。

 













Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved