「あんかけスパゲティ」

●スパゲティ「ヨコイ」
 名古屋の中心部、住吉と錦に2店舗を構えるスパゲティ専門店ヨコイが元祖
 あんかけスパゲティーのお店になります。
 昭和35年から作り続け、レシピもある程度公開されていますし、市販品も販売
 されていますから普及していったのかと思います。

 弟子が独立したり、真似をする店舗が現れ徐々に広がり、名古屋の味として
 メニューとして定着したのかと思います。
 数あるスパゲティー専門店には、メニューとして出ていなく、あんかけスパ専門店が
 数店あり、喫茶店のランチなどで食べられる場合がある不思議なメニューです。


●市販品
 あんかけスパゲティーのソースは元祖ヨコイから販売され、多くのスーパーで
 並んでいます。大きいタイプと小さいタイプの2種類が箱に入ってレトルトタイプで
 販売されています。
 類似品でチャオとかコーミ、オリエンタルなどからも「あんかけスパソース」と
 同名の商品が発売されています。
 いずれの品も独特のトロミがついて粒コショーがぴりっとするのが特徴です。

 セットで手に入れないといけない麺も2.2ミリと極太になっています。
 これも名古屋地区でしか手に入らない品物で、特売にかかるようなスパゲティを
 よく見てもらうと1.6ミリとか1.8ミリとなっているはずです。
 売場を見回してもらっても2.2ミリが並んでいることはないでしょう
 スパゲティヨコイの2.2ミリ以外に並んでいることはないです。


●あんかけ
 ネーミングが日本ちっくで、名古屋のイタリアンスパゲティはイタリアにもない
 スパゲティだと言われているのに、さらに、他府県の方には想像もできないネーミング
 らしいです。
 見てもらえれば「まんま」って感じの料理だと思います…。

 天津飯は御飯の上に卵焼きが乗っていて、その上からスープ味のソースが
 トロミをもってかかっていると思います。
 あれが中華あんで、見た感じのトロトロさは似ています。

 あんの参考資料として天津飯の写真

 つまり、【あん】がかかっているので【あんかけスパゲティー】ってことかな。


●ジャンルは?
 料理は一応のグループとして「和食」とか「中華」などとジャンル分けすることが
 ありますが
 こと、あんかけスパゲティに限っては不思議なメニューで
 ジャンル分けが難しい気がします。

 あえて言うのであれば「中華」に近いのかなとも思います。
 スパゲティだからイタリア料理と簡単には思えません…。
 イタリア人があんかけスパゲティの調理を見たら腰が抜けるか、料理人生をすべて
 否定されると思われることでしょう。

 少しかために茹であげておいた麺を注文が入って、麺を130度ほどのラードの中に
 入れて箸で泳がせます。急にバチバチと油が跳ねるような音に変わったら
 油切りをして皿に盛りつけます。
 あたためておいたソースをまわりからかければベースは完成です。
 ほとんど、あんかけ焼きそばに近いと思いませんか?
 でも、一般的には洋食って感じになるのでしょう。

●味
 味を表現するのは難しいなぁ…。
 ある友達が、あんかけスパゲティを食べて、感想を求めたら
 「思わず、メキシカ〜ンって叫びそうになったわ」って言ってたけど
 意味わからないでしょう(笑)。

 やっぱり他のスパゲティメニューから比べると、コショーが効いているので
 ピリ辛系のスパゲティにはなるだろうと思います。

 ヨコイのソース原材料がにんにく・たまねぎ・にんじん・じゃがいも・牛肉・
 トマトペースト・トマトピューレ・塩・コショー・片栗粉って書いたら
 余計想像もできないと思います。
 まるでトマトカレーの原材料みたいだし
 実際に食べてもらわないと仕方がないのかな

 まぁ、簡単に考えるとトロトロしたアンに黒コショーのピリ辛が入り
 麺にからめて食べると、額にうっすら汗をかく料理ってことでしょう。

●麺の太さが共通で独特
 どこのお店でも、全国で手に入らない様な2.2ミリの極太サイズを使用しています。
 全国的に市販されている基本麺が1.6ミリとか1.8ミリクラスですから
 数値の上でも太いことがわかります。
 一般的には麺の太さが太くなるほど茹で時間がかかり、細ければ茹で時間も
 短くなるはずです。
 しかし、なぜ、こんなに太くてもいいのかは独特な提供方法にもあると思います。
 注文が入って茹でている店は一軒もありません。全店が茹であげたソフト麺状態から
 調理し始めます。

●麺の量
 どこのお店でも麺の量は調整できます
 上に乗せる具に応じてメニューは色々と選べますが、麺の量も選べる様になっています
 レギュラーの基本があり、1.5人前とか2倍、3倍とどんどんと増やせます
 皆さんの注文を聞いているとレギュラーで注文している人は少ないですね

 名古屋人の注文方法を聞いていると「ミラカンダブル【ミラカンはメニュー名でダブルが
 量をさします】」。
 少し量を増やして欲しい時は「1半【いちはん:1.5倍】」って感じで注文してます。

●「あんかけ初心者」はどうするのか?
 食べてみたいと思ったけど、どうすればいいのか…

○お店
 あんかけスパゲティは「あんかけスパゲティ専門店」が数多く存在しますから
 ここで食べます。
 名古屋の有名店なら、錦の「スパゲティヨコイ」が平日対象で、時間が遅くまでと限定
 されるのであれば東急ホテル裏の「そーれ」で食べられたらいいかと思います。

 ただ、あんかけスパとは何かと語りたかったら更に1〜2店ほど体験しないとだめです。
 やっぱり各店特徴のある味付けとか、具に違いがあります。

○メニュー
 あんかけを体験すればいいだけですから、具なんてはっきり言って邪魔なんです。
 しかし、具なしのあんだけってメニューはほとんどありません。
 特徴的な具は「赤いウインナー」と「卵関係」です。
 初めて注文するのなら「ミラカン」と呼ばれるメニューを注文されるのがいいと思います。

○量
 量を増やさず1人前注文して、口に合うなと思ったら、他のメニューも注文して
 食べ比べてもいいと思うし、違う店に行って食べてもいいと思います。
 まぁ、腹の空き具合にもよりますから、ダブルでもトリプルでもいいんですけど…。

○テーブルスパイス
 普通スパゲティを食べに行くと、パルメザンチーズとタバスコくらいは出ると思います。
 あんかけスパゲティのお店では「ガーリックシュガー」とか「黒コショー」とかも
 テーブルスパイスとして提供してくれる店も多いと思います。
 これらを味見しながら少し加えていくことも味の変化が楽しめます。




Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved