味噌煮込みギャラリー

●味噌煮込定食
これに御飯が付いてきました
まぁ一般的な味噌煮込だと思います。定食だすらか卵は入っていなかったけど
メニューをよく見たら卵は別途100円必要だったらしい・・

●味噌煮込定食
油揚げたっぷり入ってました。仕上がりに入れた感じなので味しみてないです
薬味も天かすってすごいと思いました

ランクを上げると「海老天ぷら入り」になると思うんだけど

●味噌煮込定食
これ絶対違うって思いました。。土鍋でなくて鉄鍋なんです
早く温かくなるのはいいけど冷めるのも早いのね
お店の人にとっては便利だと考えているのでしょうか?
しかも、オレンジ色に見えるのは、やっぱりにんじん
にんじんたくさん入れると甘みが出て美味しくないと思いました

●味噌煮込み定食
「冷や奴とコロッケどちらにしますか?」「コロッケ」と言うことでコロッケが写真に入っています
油揚げがどっさり入ってるから中見えません(笑)
でも、味噌煮込みを売りにしている店で、麺はきしめんだったのです
ある意味運営がうまいなと感じました
手打ちきしめんの生麺を入れてあるので、うどんと比べても早く提供できます
汁自体もあっさりタイプで味噌汁の濃い物を想像するだけです
鉄鍋は邪道かと思っていましたが、鉄鍋の店が多いのも食べ歩きの発見でした

●味噌煮込み定食
これが穴の空いていない蓋です

以前、掲示板に味噌煮込みの食べ方を書いて下さいって書き込みあったけど
ようは穴の空いていない蓋は取り皿にするってことですが、この様に穴が空いていない蓋を出す店なんか数企業しかないのです

これは、この店の特徴と思ってください。
やっぱり、ここは麺が堅い
これを食べたら生ではないのかと言われる気持ちもわかります

しかし、この堅さを体験すると癖にもなると言われています…

●味噌煮込みランチ
上記の写真と対比させたいと思い、取り皿まで撮ってみました。

ただ、ランチで食べる場合取り皿を使うと言うより、御飯にうどんを取って
食べることの方が多いのかなと思いました。

ランチで食べるくらいですから、この量で千円でお釣りがくるくらいです。




ここは少し凝っていて、土鍋の下に火が入っていました
 こんな風になっている店も珍しいです。
●海老天入り味噌煮込みうどん
少し贅沢してみました…
基本味噌煮込みを注文すると天かすしか付いてこないけど、今回は海老天入り
メニューを見ていると、基本味噌煮込み価格があり、それから具材が増える都度
に価格が上がってきます。

具材の量を多くしたり、麺自体の量を増やしたりして、これだけで食べるか味噌煮込みと御飯を食べるか、腹具合を考えて注文します

天ぷらなんかはどうでもいいけど、たまごは入って欲しいのでメニューで言えば「親子(鶏肉とたまご)」くらいがおすすめかな
注文する際に「たまご入っていますか」と聞いて、「入ってない」と言われたら
追加注文になり、価格も少し上がるのが普通です

●味噌煮込み定食
このギャラリーの中でも、これが味噌煮込みの王道ですって感じの物でした。
本当に昔から食べていた味噌煮込みの具材を使われているからです
決して贅沢な具材を使ってはいけないと私は思っています。
斜めに切った青葱(注1)、薄く切った蒲鉾(やっぱり端は赤く染められた物)、油揚げと生卵
これぐらいがベストな具です。これでランチなら千円でお釣りが来るくらいがいい


【葉葱とか青葱と呼びます】

【白葱】
(注1)名古屋で青葱と言えば、関東で主流の白葱とは別物です。
店頭で販売されている状態でも1メートル以上ある物で、葉の青い部分と白い部分が半々くらいの物です。
名古屋では青い葉の部分も白い部分も均等に好むので、この葱が主流になっています。


Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved