東京への旅

●喫茶店の数多いと思うけど・・
 ゴスペルコンサートを聞くため東京に行って来ました。
 当日はめちゃくちゃ暑いし、時間があったので喫茶店を探しました
 お店の数自体は結構あったと思うし、探すまでの苦労は
 なかったと思いました
 が、なかなか「これは」って思う店はわからなかったなぁ

 迷ったあげく「珈琲と美味しいケーキがある喫茶店」って看板を
 見つけ、
 これならって感じで2階にあるお店に入ってみました。
 木目調で黒を基調にした感じの店で喫茶専門店って感じのお店です

 やっぱりぃ・・って思いましたが
 メニューを見て値段の高さに驚かされました(^o^;
 普通のコーヒーが500円でしょう、なにやらカタカナで
 書いてある物は
 (産地だと思うけど覚えられなかったの)800円だ、
 1000円だって書いて
 あるし、消されていたけど3000円って言う物もありましたね
 うっすらメニューに残されているのもすごいけど・・

 名古屋ではって思い出していたけど、専門店でも500円くらいかぁ
 ならも一緒か、、でも、800円とか1000円ってなかなかないし、
 しかも、ここはデミタスカップだしぃ。。絶対高いと思う

 まぁ、マスター小難しい顔して「お好きな席にどうぞ」って言って
 目の前に座ったら、「そこは、お出しする場所だから
 空けて下さい」って
 言うし、ハァって感じ

 コーヒー1杯1杯に、豆挽いて、ネルで作ってくれる努力は
 わかるけど
 椅子が、雰囲気が、、居心地悪い喫茶店だなぁって感じました
 名古屋の喫茶専門店はコーヒーの技術もそうだけど、
 居心地もいいよ
 椅子がでっかいとかマスターが気さくな人多いと思うもん

 ケーキ食べて400円コーヒー飲んで500円合計900円も払って
 こんなんかぁって思っていたら、後に座っていたカップルは
 ケーキ食べてコーヒー飲んで、更におかわりしていたからなぁ
 余計なお世話かもしれないけど計算していた私(笑)
 全部で合計3400円って、喫茶店で払う金額じゃないでしょって
 勝手に思っていました

 これだから名古屋に来て350円払って卵やトーストが付いてくれば
 驚くんだろうなって改めて思いましたね。

 コンサート終了後、喉が乾いたので喫茶店にでもと思いましたが
 なかなか見つけられなくて、スターバックスに入りました
 スターバックスって何だろう(名古屋にもあるけど入ったことなしの
 私です)
 やっぱり喫茶店とは呼べないけど、何かミスタードーナッツに
 入る感覚に似ているのかな
 システムがわからぬまま「アイスコーヒー下さい」って言ったら
 大きさはどうするのかと聞かれ、カップの見本を3つ出されるから
 「真ん中」と言ってました

 「フレッシュは」と聞けば、「あっちに用意してあります」と、
 取りに行けって事ですか・・
 あまりにもシステマチックな展開だし、店内の椅子は
 足の長い高い椅子だし
 飲んだら、さっさと出なければだめなのかと思いました
 居心地悪すぎです私にとっては・・

 そうそう、私が注文した物が出てくる時にカウンターで待っていたら
 若い男の人が銀色のカップを差し出して
 「キャラメルなんとかをなんとか
 なんとか」と言ったと思ったら会員証みたいな物を
 一緒に差し出していました

 こんな注文の仕方で店員さんわかるのかなぁと思っていたら
 「はい」って言ってるじゃないか
 私の目には宇宙人とコンタクトしている店員さんかと思って
 唖然としていましたね。。
 私が知らなすぎる話なんだと思うけど、こんな世界があるのかと
 東京はすごいところだと感じました・・

 でもねぇ、名古屋に来た時にはコメダ珈琲に入ってみてくださいよ
 なぜ、私がこんなこと書くのかって理由がわかると思うのです
 コメダ珈琲はチェーン店として一番たくさんお店がありますから
 あちこちに見つけられると思います
 その全てが同じ雰囲気を持っていますし、
 居心地同じだと思いますから

 ただ、コメダの本店は昭和区にあるのですが、
 ここだけは別格だと思います
 特に日曜の朝、モーニングサービス時間に行くと異様な光景が
 見られると思います
 いったいどこからこんなに人が集まってくるのって感じですし、
 店内のざわめき騒然さはすごいと感じます
 でも、みんなくつろいでいる所がすごいと感じられます





Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved