イタリアン
スパゲティを
つくってみる

■材料を準備しましょう
【私】師匠、今日はよろしくお願いします(頭だけのペコリ礼)
【店主】マスターとは呼ばれたことがあるが、
    師匠とは呼ばれたことがないよ(笑)
    ー マスターは蝶ネクタイをして、ベストをいつも着ています ー
【私】では、まずは材料から教えて下さい(一応、メモ帳持参でした)
【店主】おいおい、メモしないといけないほど難しい物じゃないよ。
    昔からこんな作り方をしているってことだな
    材料は、スパゲティ・ケチャップと卵だけです
【私】なになに、、それだけですか?
【店主】そうだよ。後は多少の調味料があるが、
     それは作りながら教えてあげるよ
【私】わっかりました(メモ帳は持っているが、
   書く気もなくなってしまった(笑))


■それでは、作ります
【店主】それでは作りましょうか
     ー ゴトゴトと材料を鍋の周りに準備しています ー
【私】えとえと、、(実況中継風に)
  ボウルの中にスパゲティが入っていてラップがしてありますねぇ
【店主】朝はモーニングでしょう。それが一段落したらスパゲティは
    茹でておくんだよ
   ー 説明しながらでも手がどんどんと動いています。
     よどみない一連の動きなんでしょう ー
【店主】スパゲティを茹でておいて、油を少しなじませておくと
    くっつかなくて、注文が来てもすぐに作り始められるでしょう
【私】なるほど、そうだったんですか
 ー フライパンに油を少し入れてスパゲティとポークウインナーを
    炒めています。
   ウインナーが仕上がったらウインナーだけ取り出し、
   スパイスを振りましたー
【私】今のスパイスらしい物はなんですか?
【店主】あぁ、これは「オールスパイス」だ。
     ちょっと入れると味がよくなる
【私】さすが業務用スパイスですね。缶がでかいので何かと思った
   ー 冷蔵庫からケチャップを取り出し、かけて、しまって、炒めてと秒速の
     スピード ー
【私】・・・・・(はやっ、置き場所がみんな決まっているから見なくても
   取り出せるのか)
    ー 例の鉄板を火にかけます。次に卵をカップに割り入れ、
       牛乳を少し、味の素を少し。。
   手早くかき混ぜながら、スパゲティのフライパンを振って、
   鉄板に油を塗りつけながら
   (たこ焼きを焼くときに使うような油ブラシを利用していました)
   卵液を入れます。入れたと思ったら、スパゲティをすぐに
   上から入れます。
   鉄板をペンチで木の板に乗せて、ウインナー(半割)1本分と
   グリンピース3個をトッピングして出来上がりです。
【私】早いですねぇ。もうできあがったんですか
【店主】当たり前でしょう。もう何十年と作り続けているからねぇ
【私】もう少し詳しく作り方を伝えないと叱られそうだなぁ(ポリポリ)
【店主】見ていたんでしょう。。。。何がわからないの
【私】では、整理すると、、
  1.スパゲティを茹でて、フライパンで炒めながらオールスパイスを
    振りかけケチャップ
【店主】茹でたてのスパゲティを使うとツルツルしていてケチャップが
    あまりうまく付かないかもしれないなぁ(ぼそっ)
【私】あっ、そうなの・・・
  2.卵に牛乳と味の素を入れて混ぜ、鉄板に流し込み
   スパゲティを入れる
【店主】卵に牛乳を入れるから鉄板で焼いても焦げないんだなぁ
    (ぼそっ)
【私】あっ、そうなの・・・
  3.トッヒングにウインナーとグリンピースを乗せる
【店主】そ、そ、私はいつもグリンピースは3個なの
【私】ピーマンって言う店もありましたけどね。グリンピースは何か
   調理してあるのですか?
【店主】水煮缶そのまま使っている
    んなことより早く食べなきゃ
【私】あっ、はい

*スパゲティを炒めるときにウインナーも一緒に炒めるのが
  ポイントみたいでした





■食べちゃいましょう〜♪

【店主】熱いうちに召し上がれ〜
【私】はふはふ、、、、(^〜^)モグモグ
【私】ウインナーって昔は真っ赤ではなかったのかなぁ
【店主】そうだったなぁ。さすがに真っ赤も少なくなったから
    今はポーク100%ばっかりでしょう
【私】そうですよねぇ。あれを見たら感激すると思うけど、
  食べたいとは思えないから(笑)
  ー 鉄板をしげしげと見ていると、鉄板の外側がコテコテに
    なっています ー
【店主】あぁ、それのことかい、外側は洗わないようにしているの。
    中はさすがに洗うけど使い込むと調理がしやすいからねぇ。。
    それで30年以上使っているでしょう(笑)
【私】やっぱりコーヒーもらおうかな(ナプキンで口を拭くと
   真っ赤になります)
【店主】やっぱりですか?はいはい
【私】なんか「イタリアンスパゲティ」って、鉄板じゃないとねぇって
   思いますよ
【店主】ありがとうございます
【私】ごちそうさまでした

*当家にもマイ鉄板ありましたが、引っ越しの時にどっか
 行っちゃいました
 マスターには、また買ってきますと約束して店を出てきました
 こんな思い出のメニューって、みんなには、ないのかなぁと
 空を見上げて考えていました




■感想でしょうか?

 茹でたてを使用するのではなく、茹でておいた物を使うあたりは
 昔流なんでしょう
 作業効率とか、待たせないメニュー。スパゲティと言うより
 ソフト麺の感覚って妙に懐かしいと思います。
 アルデンテなんて無視する感覚(笑)
 それとケチャップで真っ赤になった麺とかね・・

 言っちゃなんですが、味の素をひとふりって感覚も、
 お婆ちゃんの料理を思い出します
 漬け物を食べるときには、「これがないとね」って
 マイ味の素をフリフリしながら食べていました
 はっきり言って、うまいまずいの話ではないのですね。この味
 これしかなかったって感じかな。ミートソース味も後で
 作られたと思うのですが、
 こっちは値段が高かったので、もっぱらイタリアンの安い方しか
 食べさせて
 もらえなかったと思います
 肉よりウインナーが高級だと思っていた時代もありました


▲今回は卵の量が少なかったけど、麺の下に入ってます
  


Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved