モーニングタイム

□モーニングタイム

●開店から、ほとんどのお店が10時だと思います
 中には11時って言うお店もありますから、このあたりはお店に
 確認されるとよいと思います。

 一説によると10時くらいに切り上げて、ランチの準備をして
 ランチタイムの11時から11時半には間に合わせるためとも
 聞きました。


□モーニングとは

●喫茶店に入って10時くらいまでなら「ホットにモーニングね」って
 言えば、それですべてが通用します
 中にはモーニングにも選択があり、「どちらにしますか」とか
 聞かれたりしますから
 その場合にのみ、あらためてメニュー表を確認したりします

 「朝をもう少し」と考えてるお店はコーヒー代金プラス100円とか
 200円でボリュームアップするメニューも準備されていることが
 あります。
 この場合でも総額では500円から580円くらいでしょうか
 これ以上高いとモーニングって思いませんね
 ただのメニューじゃないのって思っちゃいます・・・

 ここで言う「モーニング」とはコーヒー代金のみで
 「何がついてくるか」ってことが重要だと思います
 名古屋にはたくさんの喫茶店がありますから、中にはこんなに
 つくのかとか
 何時までモーニングやっているのってお店もありますが、
 それは特殊な話であって、パンとゆで卵がついてくるのが
 基本かなと思います

●モーニングギャラリーには各店で食べたモーニングがあります
 適当に入った店でも、これくらいのモーニングは普通かなって
 思う所が名古屋的感覚かな・・


□モーニング事情
 「名古屋ではコーヒーを頼むとモーニングがすごいんだって」と
 こんな話をする他府県人の人に数多く会ってきました

 この言葉を受けて、名古屋人は何と言えばいいのでしょうと
 少し考えてみました
 「すごい」とは何をもってすごいと感じられるのでしょう
 コーヒーにトーストとゆでたまごが付く基本的なお店でもすごいと
 感じてくれているのでしょうか?

 私も全国を旅していた時、朝喫茶店に入れば基本形の
 モーニングが出た店も現実にありました。
 ただ、少なかったことも事実ですね
 ある意味当たり外れを体験して、朝食抜きになるのが怖くて
 24時間営業のファミレスでモーニングセットを注文することも
 多かったです
 別の意味で価格は同じで何杯もおかわりできるのが魅力的でした
 から…

 ただ、この事は間違いない話ですが、他府県の人に
 「このあたりは喫茶店が少ない」と言えば、
 「名古屋がありすぎなんだ」と言われます

 話はそれましたが、名古屋人は朝、喫茶店を見つけたら
 モーニングしようとか
 時間がきたから喫茶店に入りモーニングにしようと考えるだけです
 これが基本的な思考です(笑)
 それで、あの店のモーニングがすごいからとわざわざ車を
 飛ばしてまで行くこともないでしょう
 モーニングのボリュームよりもガソリン代の方がかかる事は
 しませんからね
 身近にそこそこで充分なんです

 そこで、わざわざ、すごいモーニングを体験したいと思ったら
 具体的に考えて名古屋の中心部(中区等)では、そこそこでしょう
 ビル街より住宅地の方がすごい確率は高まりますし、
 コメダのように全店同じレベルの店もあります
 中心部ではモーニングセットとして高い料金を設定していて、
 コーヒーのみって言う店の確率が高まります

 名古屋人でもすごいと感じるのは、
 名古屋の北部(一宮市・江南市等)と噂は聞いています
 (茶碗蒸し話(笑))
 つまり、名古屋市より外れた方の方がすごいみたいです
 地図で見たら結構名古屋から距離はありますよ

 裏技的な話です(笑)(*^▽^*)ゞ
 モーニングのいい店を発見する方法なんですが、コメダ珈琲の
 様なチェーン店でも、住宅街の「ある店」では白い卵ではなく
 赤い卵になっている店もあります
 しかし、基本的なトーストとゆでたまごは確実にありますが、
 それ以上は望めません

 それ以上プラスαを望むのであれば、朝モーニング時間の早い店
 具体的には開店時間からモーニングはスタートしますから
 朝6時か7時くらいに開店する店はポイントです。
 8時頃なら満席状態でしょう

 それと、自転車が多い店もポイントでしょうか
 名古屋人でも珍しく、自転車を飛ばしてでもモーニングに
 入りたいと思う店はそれなりに魅力があるはずです
 この上記2点のポイントは確率高いと思います

 まずは窓から中を覗くことをおすすめします
 (じろじろ見て逃げるとまずいけど、入店すれば
 「席空いているのかと思いましたぁ」と言い訳できます)




  


Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved