キャベツで判断

●ぶちぶちキャベツ
 こんもりと盛られたキャベツ
 昔から肉を食べたら同量の野菜も食べましょうみたいな事を
 言われていたと思います。
 それで、キャベツを食べようとすると「ぶちぶち」と
 短かったりする物を出す店があります。

 この様なキャベツの千切りを平気で出す店は美味しいとか
 マズイとか言う前の話で2度と来ないなって思っちゃいます
 具体的に何センチ以上なくてはだめとは思いませんが、
 箸で基本的に摘めるではなく「持ち上げられる」って感じが
 いいんじゃないでしょうか

 キャベツの具体的構造(芯と葉・外葉と内葉等)や繊維の流れを
 知ってどのように切っていくかって「プロなら考えるでしょう」って
 思います
 お好み焼き屋さんには失礼かと思いますが、こんなぶちぶちに
 切ってしまって
 お好み焼きじゃないんだから、食べる気しないでしょう・・・


●ひからびたキャベツと水ひだしキャベツ
 予定したお客さんが来なかったのか?
 段取りがよすぎて、作り置きなのか?
 いかにも乾燥してますってキャベツを出されると、食べる気が
 失せます。

 かと言って、皿の上が水びたしになるくらい水につけられていた
 キャベツを出されては美味しくもありません。

●つまり
 注文と同時にキャベツを刻む音がするようなお店は
 美味しいと思います。
 これも、いいお店に出会えるポイントかとも考えますが…






 


Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved