みたらし団子

●名古屋の味限定ではないけど・・

  

 スーパーの店頭やお祭りなどで焼いて売っていますよ
 白玉団子を串に刺して、ガスコンロで焦がして甘ったるい醤油だれに漬け込んで
 1本60円とか5本300円とかで・・

 なぜ、名古屋の味で紹介するかと言うと
 お買い物の旅で全国各地のスーパーでお買い物したときに
 こんな光景が見られないのです

 スーパーの店頭に小さな売店みたいな場所があり、「焼きそば」「お好み焼き」
 「たいこ焼き(大判焼き)」や「五平餅」とかと並んで「みたらし団子」も売られて
 いるのです
 
 東北を旅したときに驚いたのは「ずんだ餅」と言う物が売られていましたが
 蒸し上げた様な団子に「ずんだ(枝豆のペースト)」みたいな物が上から
 塗りつけてあるだけの団子だったのです

 その品揃えの中で「醤油味みたいな物」もあり、焦げ目がほんのちょっぴり
 付いているかいないか程度で、例の甘ったるい醤油が塗ってあると言うより
 「塗りつけてある感じ」なんです

 やっぱり、みたらし団子ってば、焦げ感がないとだめなんだよなぁって思いました
 上記の写真を見てもらえればわかると思いますが
 完全に焦げている部分があるのです(笑)
 私はこんなの食べつけているせいで、これが正常な味だと思っているんです


●団子今昔
 団子も製造工場で作っていると感じます
 昔は団子を食べると1つ1つスボッて抜ける様に食べていたと思うのに
 今の団子は1粒1粒がくっついている感じがするんですよね

 なんでかなぁって思ったら製造方法の違いみたいでした
 団子を自分で作ると丸い粒を作って串に刺すと思うのですが、
 これを機械で作ると、極端に考えればウインナー状の物に串を差し込んで
 串を回転させながら団子状の切れ込みを入れていくって感じになるのです
 外から見れば団子が串に刺さった感じはします
 なんか逆転の発想だなぁって感心もしたりしますが、ちょっと違うなぁって
 思ったりもしますね









Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved