「ろう」と「ろ」

■外郎【ういろう】
 漢字で書くと上記の様に「外郎」と書き、読み仮名をつければ「ういろう」です。
 多くのメーカーでも商品名には「ういろう」と表しています。
 ういろうを製造している大須(おおす)ういろでは、「ういろ」と登録商標を取っています
 から、ここだけは「ういろ」の表示になります。

 今回のタイトル「ろう」と「ろ」の話ですが、「ういろう」と「ういろ」の呼び方は、
 大須ういろが登録商標を取っているから大須ういろでは「ういろ」と呼び、
 その他は「ういろう」と呼ぶなどの説がありますが、
 私のお婆ちゃんは、そんな事関係なく「ういろ」と呼んでいました。
 発音を表現するのは微妙に難しいのですが、確かに「ういろ」と呼んでいます。
 どうも年輩の方は「ういろ」と呼ぶ人が多いと私は思うのです。

 そんな事はどっちでもいいんじゃないのと思われたら、それまでの話なんですが、
 「ういろう」も「ういろ」も同じ物をさすので、どっちが正解なんて事はないと
 言いたかったのかもしれません。




Copyright(C).K.Miyuki. All Rights Reserved